全記事

最新パチスロ情報・解析サイト パチプロのキャバ嬢攻略サイト

西葛西のパチンコ屋で起こった大量出禁問題と私の出禁一部始終&出禁にならないための方法。


ネットで何かネタがないかと

漁っていたところ面白い記事を見つけた。

西葛西の某パチンコ屋のグランドオープンで

大量出禁者が出たようだ。

GREEN20160902090216_TP_V1 (1)


この手のことはどの地域でも昔から多く

特にグランドオープン時は

開店プロ対策として厳しく目を光らせている

ホールは多い。


今回の出禁対象はパチンコの

保留4止めとリーチ中の止めということだが

たしかに少し厳しすぎる。

さらに詳しく見てみると、一般客が

抽選券を貰うために並び、楽しみに

していたパチンコを打っていると

突然止め打ちされていましたよねと

声を掛けられて出禁にさせられた

ということだ。

保留4止めやリーチ中の止め打ちは

プロでもない一般客でもやっていることで

普通のことだが、店側としては

一切のプロを排除するために

決めたルールなのだろう。

店としては地元民を大事にしたいのだろうが

この店は地元民も出禁にしたようだ。

それほどプロを排除したい店なのだろう。


で、結局出禁にさせられた客は

警察を呼んでゴネたらしのだが

これは無駄である。

店のルールである以上、店員に

出禁と言われれば、どう足掻いても

余程のことがない限り終わりなのだ。


【私の某店での出禁一部始終】
ちなみに私もこれと全く同じ状況を

何度か経験している。

過去にとあるグランドオープンの店で

テコを使って銭形の捻り打ちを

していたところ、テコが注意されて

一発出禁になった。

その際に彼は横で打っていた私に話し掛けるので


(話し掛けんな!)


と言ったが時既に遅し。


「お客様のお連れですか?
今日は帰ってください。」


私「お前ら地方から勝手に来て、地元民を
邪魔者扱いすんのか?」


私「俺は一般客だし、家も近いし来るからな」

「いえ、出入り禁止です。
もう来ないでください。」


私「パチ屋はその日出禁にできても
翌日は無効なんだよ、そんなことも
知らねえのか?
毎日来るよ、その度に出禁にして
みろよ。
俺はその度にゴネるぞ。」


「・・・とにかく今日は帰ってください」


私の言い方はやや誇張しているが

とにかくそう言われた。

が、私は翌日から状況が渋くなるまで

ほぼ毎日通い、やはり客付きが落ち着いた

後日、また話かけられた。

「お客様、一度出禁になられてますよね?」

私「そうだけど出禁は毎回言わないと
効果ないからまた来るよ?
あと、お前んとこの店長、○○町内会に
入ってるんだってな?
俺の親がそこの町内会長だけど
その息子を出禁にすんのか?
今度、ここの店長が参加する集まりに
俺も参加して文句言ってやるよ」



店員はここで事務所に戻り

しばらくした後、見慣れないスーツの

男(店長ではない)がやってきて

「大変申し訳ございませんでした。
もう大丈夫ですのでご遊戯ください」



そのようなことを言われ、それ以来

敢えて捻りや止め打ちをしてみたが

私が注意されることはなかった。


もちろんこんな例は稀で

これとは別の某店で保留3止めを

していたところ、店員に張り付かれて

文句を言ったら出禁になったこともある。

この時はいくらゴネても無駄だった。



どうしたって出禁になってしまえば

従うしかない。

パチ屋の出禁は法律上、翌日以降

効果はないが、一度目を付けられたら

終わりなのだ。


当然返金はなく、店によっては

出玉を没収するところもある。

今やパチ屋はアミューズメント化しており

客>店員だが、昔は店員>客だった。

15457025290.jpeg
©武論尊・原哲夫
©サミー


客は店のルールに従わなければ

15457025390.jpeg
©武論尊・原哲夫
©サミー


こうなるのだ。


では出禁にならない方法はないのだろうか?

そこで過去に私が試してみた

ちょっとした小技を紹介しよう。

【出禁にならないための方法】
①保留が三個貯まったら
アクビをしながら、手を伸ばす。

これは言い訳に使える。

何か言われても、手が疲れただけだよと

言えばいい。

実際にこの方法で冬ソナを

打ち切れた。

が、すぐにバレるので一度しか

使えない。


②ロングリーチ中はトイレに行く。
これは確実に大丈夫。

ただ一番の問題は面倒だということ。

さらに時間効率が悪く、特に海の場合

変動が早いのでどうしようもない。

一度トイレから戻ると

当たっていてラウンドパンクしそうに

なったことがある。


結局どう足掻いても、ルールが

厳しい店ではどうしようもない。

警察もアテにならない。

その昔、店が金を積んで

警察が裏モノを黙認していたなんてことも

当たり前のことだった。

事件性がない限り、警察は強い方の

味方なのだ。


そういうわけで結論は行かなければいい。

これしか道はない。




シェアして皆に教えよう!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

パチプロあおさん

Author:パチプロあおさん
生涯収支が1億円を突破した
現役パチプロでプロ歴1998年~。
北海道出身。
パチンコ歴1994年~・パチスロ歴1995年~。
(1993年に初めてゲーセンでパチンコを打つ)
日々の稼働や収支、最新台の解析情報や
これまでの軌跡について記事にしています。
稼働日数7000日突破。


~経歴~
1994年頃、兄貴に連れられ初めてパチ屋に入る。
(子供の頃にもパチンコを打ったことはあるが)。
1998年、パチプロになる。
2015年、生涯収支が1億円を超える。
2015年9月、当ブログ開設。

あおさんの自己紹介記事

◎取材歴
週間SPA!(2023年10/10・17合併号掲載)


■あおさんのその他運営サイト
あおさんのパチスロ徹底解析・考察
パチプロあおさんのキャバ嬢攻略まとめブログ

当ブログ人気記事ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索フォーム

お問い合わせ

当ブログへのご意見、ご要望、相互RSS
リンクのお申込み、自社の商品・サービスの
紹介など、どんなことでも承っていますので
メールお待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

スロットブログ ブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 ブログランキング

パチ・スロのオススメ記事

訪問者数

プライバシーポリシー