全記事

最新パチスロ情報・解析サイト パチプロのキャバ嬢攻略サイト

歴代パチスロくそ台・ゴミ台ワーストランキング5!史上最悪のパチスロはあの台?


私は過去20数年間、4号機中期の技術介入機

以降の数あるパチスロを打ってきた。
※それ以前はほんの僅か。


その中で最も好きだった神台は

ブログでも何度も言ってきたが

4号機ディスクアップまたはキャッツアイ。

他にもコンドルシリーズ、ワニマル、バンバン

ビーナスセブン、スーパースターダスト2と

音楽も格好良かった名機達を挙げれば

キリがないほどだ。
スロプロが選ぶ面白い・楽しいパチスロ名機ランキングベスト10


ではそれに対してこれまで打ったパチスロで

くそ台はどんな機種があるだろうか?

それを今回ランキングで発表しよう。

あまりにくそ過ぎて覚えていない

機種もあるかもしれないが

そこは目をつむっていただこう。
※5,5号機以降のパチスロは
ほとんどがくそ台なためそれ以前の機種と
なります。
尚、打ったことがある機種に限ります。

2019年度版!5号機・6号機クソ台ゴミ台ランキングワースト5!


■第五位
『走れメロス』
15489298770.jpeg
©JPS

登場時期:2010年12月
タイプ:5号機・ART

ボーナスは確率の低いレギュラー

1種類のみで純増2枚のARTがメイン。


私がこの機種を打ったのは田舎の

某店でバラエティコーナーにひっそりと

設置してあった。


キャラなどの見た目は巨人の星の

パクリで実にくだらなかった。

演出面では全く走れメロスの世界観がなく

上乗せも分かりにくかったりと

どうもしっくりこない。


要はメロスのパロディという感じで

最初は笑えるのだが、実際はただの

クソ台。


ただし設定6の機械割は114,6%と

意外に高かった。


■第四位
『北斗の拳~乱世覇王伝~』
15489306310.jpeg
©武論尊・原哲夫/NSP1983
©版権許諾証SAD-304
©サミー

登場時期:2007年
タイプ:5号機・RT

北斗シリーズ5号機第一弾として

登場した本機。

明らかに減るRTを搭載し

それに加えてその間は毎回チェリーを外して

RTを延命させなければいけない。

RTも〇ゲーム固定だったり、連荘性が無ければ

まだよかったのだが、RTは初代のような

バトル方式でやたらと連荘する。

とは言え連荘しないと話にならず

かといってボーナスを引かなければ

RT中も減るだけであり、全くありがたみの

感じられないRT機である。


ただそのおかげでRT中の台を

捨てる人や高設定だとわかっていても

ヤメていく人も多く、私はそれなりに

勝った機種でもある。


10万台を超える大ヒット機種となったが

実際のホールでの稼働は悲惨な状況で、すぐに

客が飛んだ台である。



■第三位
『ベガスガール』
15489318640.jpeg
©IGT

登場時期:1993年
タイプ:4号機・A400タイプ

全小役に取りこぼしが発生するゆえ

ビッグ中のハズシはジャックインさえも

目押しが必要だった。

4号機初期としてはこうした技術介入性の

高い機種は稀だったが、これらを

完璧にこなしても恐ろしく辛い台。


操作性も最悪でコイン投入口がしょっちゅう

詰まり、エラーを起こす。


レギュラー偏向型マシンで、設定1の

ビッグ確率が1/371と大量獲得機並み。

尚、設定1の機械割は4号機ワーストの

83%である。


ただしこれはベガスガール2のもので

その後、体感器の対策としてベガスガール1に

入れ替えられた。

私が打ったのは1だと記憶している。


■第二位
『乾杯RD』
15489318560.jpeg
©ネット

登場時期:2000年
タイプ:4号機・Aタイプ・ツインビッグ搭載・セブンライン

ネット初の液晶搭載機で、発売当初は

話題になったツインビッグ搭載機種。


が、発売して間もなく、ホール側が

いくら高設定を使っても出ないという

現象が起こり、メーカーに問い合わせると

その答えはリプレイの次ゲームに限り

ボーナスの抽選をしていないという

ものだった。


これによって機械割が極端に下がり

当時はよく全台設定56祭りなんかを

していた。

が、ほとんどの客が座っていなかった。


「がんばれ~い、がんばれ~い」


台から聞こえる間抜けな声と演出は

今でも頭から離れない。
ネット初の液晶搭載機『乾杯RD2』過去最悪の機械割詐称?全台設定6でも出ないバグ発覚


■第一位
『北斗の拳SE』
15489306230.jpeg
©武論尊・原哲夫/NSP1983
©版権許諾証SAD-304
©サミー

登場時期:2006年
タイプ:4号機・Cタイプ

社会現象を巻き起こした初代北斗の後継機で

パチスロ史上第二位のセールス34万台を誇る。
※第一位は初代北斗の62万台。


新台当初はあの北斗の後継機ということで

話題となり、どこのホールも大量導入していたが

中身はかなりの極悪仕様で

高確中の中段チェリーがガセることや
※前兆移行率は50%。

機械割詐称が問題となり

ユーザーから酷評された台である。
※メーカー発表の機械割は設定6で
108,5%だったが、実際は103%だった。



昨今の機械割詐称はこの北斗SEから

始まったと言っても過言ではない。


【感想】
いかがだっただろうか。

ノーマルタイプなのに設定1で機械割が

83%の台やリプレイの次ゲームは

ボーナス無抽選。

機械割詐称。


特に北斗SEはスペックは云々

そこまで酷いゲーム性ではないとは思うが

これも初代があまりにも偉大であるがゆえに

ユーザーを落胆させた結果だろう。


ちなみに第五位の走れメロスは

結構なマイナー台で打った人も少ないと

思うが、この機種は違う意味では

神台でもあるかもしれない。

その意味が知りたい方は、もしどこかの

ゲームセンターで見つけたら打ってみてほしい。

15489327710.jpeg
©JPS


貴方の歴代くそ台ワースト1は何ですか?




シェアして皆に教えよう!

関連記事

コメント

No title

ワースト1はスロット名人(バルテック)です。
演出、全く意味不明でしたw
そこそこ技術介入機でビッグ中はサンバデジャネイロが流れる所まで覚えてます。。。

あおさん@管理人

> ワースト1はスロット名人(バルテック)です。
> 演出、全く意味不明でしたw
> そこそこ技術介入機でビッグ中はサンバデジャネイロが流れる所まで覚えてます。。。

スロット名人・・・

たしかバルテック技術介入全盛時代の頃の

機種ですね、マニアックですなw

私はどこかのパチ屋で見たような記憶もありますが

打ったことありませんw

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

パチプロあおさん

Author:パチプロあおさん
生涯収支が1億円を突破した
現役パチプロでプロ歴1998年~。
北海道出身。
パチンコ歴1994年~・パチスロ歴1995年~。
(1993年に初めてゲーセンでパチンコを打つ)
日々の稼働や収支、最新台の解析情報や
これまでの軌跡について記事にしています。
稼働日数7000日突破。


~経歴~
1994年頃、兄貴に連れられ初めてパチ屋に入る。
(子供の頃にもパチンコを打ったことはあるが)。
1998年、パチプロになる。
2015年、生涯収支が1億円を超える。
2015年9月、当ブログ開設。

あおさんの自己紹介記事


■あおさんのその他運営サイト
あおさんのパチスロ徹底解析・考察
パチプロあおさんのキャバ嬢攻略まとめブログ

当ブログ人気記事ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索フォーム

お問い合わせ

当ブログへのご意見、ご要望、相互RSS
リンクのお申込み、自社の商品・サービスの
紹介など、どんなことでも承っていますので
メールお待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

スロットブログ ブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 ブログランキング

パチ・スロのオススメ記事

訪問者数

プライバシーポリシー