FC2ブログ

全記事

あおさんのパチスロ徹底解析・考察 パチプロあおさんのキャバ嬢攻略まとめブログ

パチンコパチスロ換金システムの起源とは?換金できなくなる?3/12~13稼働。

パチンコについてよく知らない人に

パチンコ屋の換金システムを説明すると

これはよく言われている三点方式と

呼ばれるものだ。

簡単に言えば客が出した玉を

店が特殊景品に交換し、それを

質屋に買い取ってもらうというもの。

15524749320.jpeg


いわゆる換金所だが、これは大体店の

近くに併設されていることが多い。

今ではパチ屋の店員に換金所の場所を

聞いても教えてくれないので、初めて

パチンコを打つ人は他の客に聞いた方が

いいだろう。
※表面上は店と換金所は無関係
ということになっており、場所を
教えることは禁止されている。



【換金システムの起源】
この換金システムだが、一体いつから

始まったのだろうか?


元々、パチンコには換金システムは無く

ほとんどはタバコや生活用品などと

交換するのが普通だった。

それが1950年代に入ると、パチンコブームに

よるギャンブル性の向上により

客が多くの景品を獲得することが多くなった。

そのため、タバコや生活用品だけでは

足りなくなったため、そこに目をつけた

裏の世界の人間が客が獲得した景品を

買い取って、店に買い戻させるという

商売を始めた。

特にタバコがその対象で、次第に

全国的に広まっていったのである。


ただ、警察が一部の人間が客の景品を

買い取るという行為を禁止したため

今の換金システムが出来上がった

というわけだ。

これが換金システムの起源である。


つまり換金システムが生まれたのは

パチンコのギャンブル性の向上が

原因ということだ。


【換金システムが無くなるとどうなる】
仮にこの換金システムが無くなったところで

客が景品を持て余すのは間違いない。

そうすればまた一部の人間が

こっそり客から景品を買い取る・・・

ということになるだろう。


三点方式はその現象を排除するために

出来たようなもので、無くそうにも

無くせないのである。


結局換金システムは無くならないのだろうか?


当然今後のパチンコ業界は廃れていく

一方だ。

パチンコに対する規制は規制と緩和を

繰り返しつつも年々厳しくなっており

徐々にギャンブル性は抑えられてきている。

こうしてギャンブル性のあるパチンコが

無くなり、景品に交換するくらいの

出玉率になれば、換金システムは

廃れていくだろう。


1990年代にピークを迎えたこの業界も

それ以降は年々客離れが続き、今では

人口の7割がパチンコ未経験者であるが

それでも巨大産業であることは明らかだ。

ギャンブル性のあるパチンコはもちろん

換金システムも当分の間は

無くならないだろうが、どうなるかは

誰にもわからない。


私のようなパチンコ屋に

お世話になっている人間や

金の掛かったギャンブルが好きな人間は

もし甘デジしか無くなれば

換金システムが無くなれば

当然パチンコから足を洗う。

そんなパチンコは単に客離れが

進むものでしかない。


そして今からパチプロになろうと

思っている愚かな若者は考え改めた方が

いい。

いつどうなるかわからないこの業界に

すがっていては最後に泣きを見るのは

自分なのである。

----スポンサーリンク----


■3/12の稼働
某店がイベントだということで

テコと久しぶりに行く。

正直大型店は嫌いなのだが、たまには

いいかと店内へ。


とりあえず鏡を確保したが、やはり

状況がほとんど知らない店は少々キツイ。


・・・ということで店移動。

ここでも鏡。

イベント日は設定6も入れるようなので

とりあえず判別してダメなら帰ることに。


はい無し。

トイレの糞は流さないで帰宅致しました。


▼3/12収支結果▼
・収支-16,558円
・稼働時間8h
・鏡設定6以外
・バーサス推定低設定
・他


■3/13の稼働
某店のジャグラーイベントへテコと行く。

この店のジャグイベントは設定56が

分かりやすい台に入るので打てる。


ということで朝一から

ハッピージャグラーを・・・

打つ前に某機種を軽く判別してから

着席。


これが出だしからブドウとボーナス共に

設定6以上で引き、ありそうだ。


で、テコにも根拠のあるジャグを打たせるが

ボーナスもブドウも引けずにヤメ。

私の台も急に下降線を辿り

全飲まれ。

ただしブドウはかなり悪くなったものの

それでもまだ設定6並み。

私の中で根拠が強い台は

ブドウとレギュラーさえ合格ラインなら

粘るのだが、一向にビッグが引けない。

ビッグが引けないと出玉は増えないんだよ

馬鹿野郎。


ということで、まだ設定56の可能性は

それなりにあったが、レギュラー確率も

イマイチになってきたのでここでヤメ。


アイムの2000ちょっとで10の16という

台で未練打ち。

店的にはほぼ設定5なのだが

これがバケ8連続でクソハマリを食らい

さらに死亡。


で、何となく予感はしていたが

結局最初に打ったハッピージャグラーは

当たりで設定56だった模様。

打った私は間違ってはいなかった。

ただボーナスタイプで、ヤメたくなるほど

まともにボーナスが引けない私の

乱数の拾い方が間違っていたのである。


▼3/13収支結果▼
・収支-57,928円
・稼働時間5,5h
・ハッピージャグラー推定設定56(途中ヤメ)
・アイム推定設定5(途中ヤメ)
・某機種他


二人共無駄打ちが多く、さらにビッグも

引けなかったため、この有様だ。

何が三点方式だ。

換金できてもできなくても

交換する玉が無いならどちらも同じだ馬鹿野郎。




シェアして皆に教えよう!


高収入!パチンコ・パチスロバイト登録

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

パチプロあおさん

Author:パチプロあおさん
生涯収支が1億円を突破した30代の
現役パチプロでプロ歴20年。
北海道出身。
パチンコ歴25年・パチスロ歴23年。
(1993年に初めてゲーセンでパチンコを打つ)
日々の稼働や収支、最新台の解析情報や
20年間の軌跡について記事にしています。
稼働日数6000日突破。


~経歴~
1995年、兄貴に連れられ初めてパチ屋に入る。
1999年、パチプロになる。
2015年、生涯収支が1億円を超える。
2015年9月、当ブログ開設。


■あおさんの運営サイト一覧
あおさんのパチスロ徹底解析・考察
パチスロ完全攻略解析まとめサイト
パチプロあおさんのキャバ嬢攻略まとめブログ

当ブログ人気記事ランキング

ブログ内検索フォーム

お問い合わせ

当ブログへのご意見、ご要望、相互RSS
リンクのお申込み、自社の商品・サービスの
紹介など、どんなことでも承っていますので
メールお待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

スロットブログ ブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 ブログランキング

相互ブログの最新記事

訪問者数

プライバシーポリシー

個人情報保護方針 制定日:2016年08月16日 最終改訂日:2016年08月16日 当ブログに掲載されている広告について 当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、アクセストレード,a8net)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、Googleポリシーと規約をご覧ください。 当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて 当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはGoogle アナリティクス利用規約をご覧ください。 当ブログへのコメントについて 当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。