全記事

最新パチスロ情報・解析サイト パチプロのキャバ嬢攻略サイト

ジャグラー初の液晶搭載機『サイサイ』北電子の超マイナー機の設定狙いした思い出


■液晶搭載ジャグラー登場
2008年11月。

長いジャグラーシリーズの歴史の中で

唯一液晶を搭載したスピンオフマシンが

北電子から登場する。

その名も『サイサイ』

15915308640.jpeg
©北電子

※ボーナス確率
設定青ビッグ白ビッグ
設定11/6061/292
設定21/5851/277
設定31/5641/256
設定41/5461/240
設定51/5281/224
設定61/5121/204


※機械割(シミュレート値)
設定機械割
設定199,15%
設定2101,11%
設定3103,83%
設定4106,18%
設定5108,91%
設定6112,38%


【基本仕様】
本機はノーマル+RT機であり

ジャグラーのリプレイ絵柄としてお馴染みの

「ツノっち」をメインキャラクターにした

シリーズ初の液晶搭載機。
※ツノっちという名称が付いたのは
これよりももっと後である。



青ビッグ後は必ず100Gの微減RTに突入する。

もちろんジャグラーシリーズのスピンオフマシン

ということもあり、ゴーゴーランプも

搭載されている。
※完全告知ではない。


また技術介入性は意外にも高め。

通常時は逆押しすることで小役の完全奪取が

可能で、フル攻略で打てば設定1でほぼ

機械割が100%になる。


ただゴーゴーランプを搭載した

液晶搭載機という、誰しもが考えた発想と

違和感はプレイヤーには受け入れられず

結果的に人気が出ることはなかった。

そのため全国的な導入も少なく、マイナー機として

生涯を終える。



■レトロ店でサイサイを打った思い出
ジャグラーのスピンオフとして登場した本機だが

どうせならジャグラーの液晶搭載機を

出してほしかった。

やはりメーカーも、ジャグラーという大きな冠を

背負っては勝負したくなかったのか、あくまでも

リプレイ絵柄のサイをメインキャラクターに据えた

試験的な台だと言える。


基本的には全小役でボーナス重複抽選を

行っているが、特に下サイ(左リールのサイの塊)が

成立すると大チャンスとなり

そこで対決演出やレース演出に発展し

勝利するとボーナス確定となる。


・・・そんなジャグラーらしくないこの機種に

初めて遭遇したのは私の住む家から

50キロほど離れた郊外にあったC店。

15915345390.jpeg


ここは4号機末期の頃にオープンした店で

5号機時代になる頃には客が飛んだものの

当時からレア台やノーマルタイプが多く

設置されていたので、勝てる勝てないは

別として好きな店だった。
※現在は閉店している。


サイサイは店の一番奥のバラエティコーナーに

一台だけひっそりと設置してあった。

店自体、私の家から遠く、正直設定も

期待できなかったため、打つ機会は

なかったのだが、ある日、バラエティコーナーに

必ず一台設定6投入というイベントが開催される

ということで打ちに行くことにした。


・・・イベント当日。

開店ギリギリに到着するも、並びは

年配の常連客数人だけで、誰一人プロは居ない。

客層がその店の信頼度を物語っているというのは

あながち間違いではないが、ここは元々立地も悪く

一見客には気付かれにくい。

それに朝一の対策が温く、変更判別も効く

ということで、実際に設定6も過去に何度か

掴んだこともあった。

私的には穴場店だったのである。


で、朝一からバラエティコーナーに突撃し

片っ端から変更判別が効く台を調べていく。

当然先客は居らず、打っているのは私だけだ。

変更されていた台は何台かあったのだが

その中で選んだのがサイサイである。
※他の機種は桃鉄などあったと思うが
正確には覚えていない。


それまで打ったことは一度も無かったが

C店は北電子の台に力を入れており

尚且つサイサイ自体のスペックも甘め

ということで機種選択は悪くないだろう。

15915345300.jpeg


・・・が、中々気持ち良い出目こそあるものの

やはり液晶が邪魔。

基本は小役を全て獲得するために逆押し

青7狙いをするのだが、いくら演出が派手に起ころうが

青7が枠下にスベリ落ちた時点でほぼアウトだし

そもそも出目で成立役が分かってしまうため

ゴーゴーランプも必要ない。


やはり液晶搭載機は演出を活かさなければ

意味が無いし、かといって出目が死んでは

つまらない。

バランスが難しいのだ。

そのバランスが取れている台と言えば

正直ディスクアップくらいなものだろう。


・・・そんな感じで液晶を無理矢理くっつけたような

サイサイの肝心の設定判別の結果は1か2。

結局当たり台は他の変更台だったようで

私は半べそをかきながら静かに店を後にした。


わざわざ遠出してまで客の居ない店で

変な台の低設定を打たされ負ける。

今も大して変わらない適当な立ち回りを

していることを考えると、私は12年前から何も

成長していないんだとつくづく実感する。

そしてジャグラー系の台には決して液晶を

搭載してはならないと、この時確信したのである。




シェアして皆に教えよう!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

パチプロあおさん

Author:パチプロあおさん
生涯収支が1億円を突破した
現役パチプロでプロ歴1998年~。
北海道出身。
パチンコ歴1994年~・パチスロ歴1995年~。
(1993年に初めてゲーセンでパチンコを打つ)
日々の稼働や収支、最新台の解析情報や
これまでの軌跡について記事にしています。
稼働日数7000日突破。


~経歴~
1994年頃、兄貴に連れられ初めてパチ屋に入る。
(子供の頃にもパチンコを打ったことはあるが)。
1998年、パチプロになる。
2015年、生涯収支が1億円を超える。
2015年9月、当ブログ開設。

あおさんの自己紹介記事

◎取材歴
週間SPA!(2023年10/10・17合併号掲載)


■あおさんのその他運営サイト
あおさんのパチスロ徹底解析・考察
パチプロあおさんのキャバ嬢攻略まとめブログ

当ブログ人気記事ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索フォーム

お問い合わせ

当ブログへのご意見、ご要望、相互RSS
リンクのお申込み、自社の商品・サービスの
紹介など、どんなことでも承っていますので
メールお待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

スロットブログ ブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 ブログランキング

パチ・スロのオススメ記事

訪問者数

プライバシーポリシー