fc2ブログ

全記事

最新パチスロ情報・解析サイト パチプロのキャバ嬢攻略サイト

今のパチンコ屋と昔のパチンコ屋の違い!並び、客層、営業スタイル、設定状況、イベント


現在のパチンコ屋と昔のパチンコ屋では

見た目や営業スタイルなどに大きな違いがあった。

そこで今回はパチンコ屋の今と昔を比べて

その違いを紹介していこう。


■現在のパチンコ屋
15926981420.jpeg


※ここで言う現在のパチンコ屋とは主に4号機中頃の
ストック機時代以降のことを指す。



①大型チェーン店が多い
パチンコ客の減少や厳しい規制により、力の無い
小さい個人経営店がほとんど無くなり
ほとんどが大手チェーン店になった。

②店員が礼儀正しい
客<店員だった昔に比べ、今では
店員<客。
そのためサービスも充実しており
ドリンクサービスはもちろん、座布団や爪切りなどの
日用品まで貸し出しているような店もある。
店員が客にお辞儀するのも弱小店では
あまり無かったのだ。

15926981510.jpeg

③入場方式が抽選もしくは並び順
これは事故や混乱などのトラブルなどを避けるため
このような方式になった。

④全面禁煙
これは2020年4月に施行されたもので
今は喫煙ルームでしかタバコが吸えなくなった。

⑤新台が出ない
店によっては出すところもあるが、大体の店は
回収である。
これは昨今の新台導入ペースが早く、台自体の
費用も高いためである。

⑥若い客、特に女性客が増えた
昔のパチ屋には若い女性客などまず居なかった。
それだけタバコ臭いイメージと柄の悪い客が
多かったということだろう。
今は綺麗な女性客も多く、華やかになったものである。

15926999700.jpeg


⑦イベントが無い
規制によってイベントが無くなった。
店によってはブログやSNSでこっそり告知する
ところもあるようだが、昔に比べれば
厳しくなった。
ほとんどの客は旧特定日に頼るしかないようだ。

⑧出ない
これが昔のパチ屋との大きな違い。
規制によってパチンコの連チャン機や
パチスロの爆裂機が無くなった。
もちろん裏モノもほぼ無い状態だ。


こうしてみると、やはり出玉とは関係のない

サービスは充実しているが、出玉のサービスは

イマイチである。

今の時代にパチンコで30、40も回ることなど

聞いたことが無いし、パチスロもたとえ

全台系をやったところでたかが知れている。

全台系は全台系ができるくらいの

機械割しかないということだ。

毎日140%以上の台で設定狙いをしていた私は

110%前後の台で真剣に立ち回れる体では

なくなってしまった。

そのためイベントにも並ぶ気が失せるし

昔のように連日徹夜するようなことも

なくなった。

早い話がパチスロに対する熱量が無くなった

わけだが、言えることは今のパチンコ・パチスロは

大して勝てないということだ。


・・・では昔のパチンコ屋はどうだったのか。



■昔のパチンコ屋
15926981770.jpeg


※昔のパチンコ屋とは主に1990年代後半までのことを
指す。



①個人経営店など小さい店が多かった
昔は小さいパチンコ屋がそこら中に沢山あった。
そのため、今よりもパチンコユーザー自体は
多かったが、分散していたため、意外と
パチ屋の客自体はそれなりだった。
オイシイイベントでも今のようにSNSなどで
バレることは少なく、一般人とプロの間には
情報量という差が生まれていたわけだ。

②店員が偉そう
ポケットに手を突っ込む店員やタバコを吸う店員
90年代中頃まではパンチパーマの店員も
居たりした。
確実に客<店員だった時代である。

③入場方式が一斉入場
今とは違い、入場の際は一斉入場だったため
朝一の台取りは戦争。
私は後ろの客に踏みつけられたこともあるし
追い越し追い抜き何でもあり。
当然殴り合いの喧嘩もあった。
そのため女性客や年配客で並んでいる人は
あまり居なかった。

15926981690.jpeg

④イベントや煽りが沢山あった
設定を公開するイベントや設定が書かれた札台など
勝てる要素が至る所にあった。
あとは店が朝一から当たっている状態の台を
用意している、いわゆるモーニングもあった。
それを狙って皆が並ぶわけだ。
もちろん店によっては掛け持ち何でもあり。

また店員のマイクパフォーマンスも充実しており
煽り文句は出ます出します取らせます。
まるでキャバクラの店内である。

⑤子供も居た
今のパチ屋には託児所なんかがあるが
昔はそんなものはなく、その代わり小さな子供も
平気で入ることができた。
昔から18歳未満の人は入れない決まりだったが
黙認していたところは多かったのだ。
私も小さい頃はオヤジに連れられて
パチ屋で遊んでいたものだ。

ただ誘拐事件や車の子供置き去りなどが多発し
問題になったことから、今では一切禁止である。
子供の頃に打った昭和のパチスロ『リバティベル』1980年代のパチンコ店内で遊んだ女児の今

15926981600.jpeg

⑥新台が熱い
昔は新台入れ替えなどの新装開店自体することが
稀だったため、とにかくこの日は出た。

特にパチスロでは3号機時代1メーカー2機種までしか
販売できない決まりだったため、その分経費を
抑えることができたので還元に回すことができた
というわけだ。
新装開店はとにかく熱かったのだ。
ガセるようになったのは4号機中頃からだろう。

⑦低換金率がほとんどだった
主流だったのがパチンコ2円もしくは3円で
パチスロは6枚もしくは7枚交換。
低換金率で再プレーも無かった店が多かったため
回る台や高設定も多かったのだ。

⑧客レベルが低かった
これは情報の少なさが原因だろう。
今のようにネットも無い時代で、雑誌だけが
攻略の糸口となっていたため、知識の
無い客も沢山居た。

ただ一部のプロは今と変わらず、もしくは
それ以上のレベルだったわけだ。

⑨チンピラやヤクザが多かった
今はほとんど居ないが、昔は多かった。
特に裏モノの島には必ずと言っていいほど居た。
これも昔は単純にパチンコ屋が熱く、おいしかったからで
今まず見掛けないのはおいしくないからである。


やはり今のパチンコ屋に比べて規制が緩かったため

出玉感があった。

もちろんそのため、イベントも大々的に告知できたし

爆裂機や裏モノも存在したため

小さなレトロ店でも十分経営が成り立っていたわけだ。


【まとめ】
要するに今のパチンコパチスロは勝つために

打つ価値は無いということだ。

特に社会から逃げ出し、大切なものまで犠牲にしている

プロ達は厳しいだろう。

例えば今、月に50万勝っているプロが居たとして

それが4号機時代であればその倍の月100万は

勝っていたはずだ。

4号機時代に一財産を築いて引退したプロは

賢い。


今後はカジノもできることで、さらにこの業界は

縮小していくことは目に見えている。

せめて爆裂機や裏モノの復活、イベントの告知などの

規制緩和をしてほしいものである。

いずれまた客が熱くなれたあの時代に戻さなければ

この業界が終わることは間違いない。




シェアして皆に教えよう!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

パチプロあおさん

Author:パチプロあおさん
生涯収支が1億円を突破した30代の
現役パチプロでプロ歴1998年~。
北海道出身。
パチンコ歴1994年~・パチスロ歴1995年~。
(1993年に初めてゲーセンでパチンコを打つ)
日々の稼働や収支、最新台の解析情報や
これまでの軌跡について記事にしています。
稼働日数7000日突破。


~経歴~
1994年頃、兄貴に連れられ初めてパチ屋に入る。

(子供の頃にもパチンコを打ったことはあるが)。
1998年、パチプロになる。
2015年、生涯収支が1億円を超える。
2015年9月、当ブログ開設。

あおさんの自己紹介記事


■あおさんのその他運営サイト
あおさんのパチスロ徹底解析・考察
パチプロあおさんのキャバ嬢攻略まとめブログ

当ブログ人気記事ランキング

カテゴリ

※全記事一覧

ブログ内検索フォーム

お問い合わせ

当ブログへのご意見、ご要望、相互RSS
リンクのお申込み、自社の商品・サービスの
紹介など、どんなことでも承っていますので
メールお待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

スロットブログ ブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 ブログランキング

パチ・スロのオススメ記事

訪問者数

プライバシーポリシー

個人情報保護方針 制定日:2016年08月16日 最終改訂日:2016年08月16日 当ブログに掲載されている広告について 当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、アクセストレード,a8net)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、Googleポリシーと規約をご覧ください。 当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて 当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはGoogle アナリティクス利用規約をご覧ください。 当ブログへのコメントについて 当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。