fc2ブログ

全記事

最新パチスロ情報・解析サイト パチプロのキャバ嬢攻略サイト

パチンコ・パチスロに演出用プッシュボタンは必要なのか?【業界初プッシュボタン搭載機】


パチンコ・パチスロは年々進化しているのは

周知の通り。

1989年、平和のパチンコ『ブラボーエクシード』で

業界初の液晶が搭載されて以降、2000年には

パチスロでもゲゲゲの鬼太郎において、初の液晶が

搭載された。
パチスロで初めて液晶が付いた機種の思い出・・・~パチスロ名機物語外伝50~


この液晶が搭載されたことで、ゲーム性が

大幅に進化し、その後のパチンコ業界に

多大な影響を与えたのは言うまでもない。


・・・さて、現在のパチンコ・パチスロにおいて

私の中で一つ疑問というか、首を傾げることが

ある。

それがタイトルにもある通り


『パチンコ・パチスロにプッシュボタンは必要なのか』


ということ。

プッシュボタンと言っても、メニュー画面を開くような

ゲーム性に絡まないものではなく、あくまで

演出用という意味だ。

そこで今回はこれをテーマに絞って進めていこう。

16308263400.jpeg
©サミー


■パチスロのプッシュボタンについて
パチスロに演出用プッシュボタンが初めて

搭載されたのは、正直調べても分からなかったが

おそらく5号機に入ってからだろう。

2009年登場の初代エウレカセブン辺り

だとは思うが、詳しい方が居たら是非とも

コメントを頂きたい。


・・・で、パチスロのプッシュボタン。

これは大抵、熱いレア役が成立した時や

CZやATに突入するか否かの熱い場面で

台が押せと促してくることが多い。

なのでパチスロのプッシュボタン=熱い

と考える人も多いだろう。

特に違和感はない。


問題なのはパチンコだ。



■パチンコのプッシュボタンについて
パチンコに演出用のプッシュボタンが

初めて搭載されたのは、2002年に登場した

藤商事のデジパチ『ダイナミックショット』

16308348670.png
©藤商事


以降、人気メーカーが次々に真似をし始め

今では海シリーズ、北斗シリーズ、仕事人シリーズ

牙狼シリーズ、慶次シリーズ等々、どの機種にでも

搭載されている。

だが、正直最近のパチンコのプッシュボタンは

疑問だらけなのである。

16308263530.jpeg
©武論尊・原哲夫/コアマックス 1983,
版権許諾証KOO-411
©2010-2013 コーエーテクモゲームス
©サミー


どの台とは言わないが、例えば変動時の

演出でセリフ演出がある。

この時にプッシュボタンが光って(押せと言う意味)

押すとセリフが出現するのだが、そのほとんどが

意味のないセリフなのだ。

酷いものだと「・・・」と表示される時もある。

当然ハズレで、リーチすら掛からないし

何も起こらないのだ。


もちろんパチスロとは違い、パチンコには

レア小役もなければCZもない。

単純に当たるか当たらないかなので

ある程度は仕方ない部分もあるのだが

熱くもないのなら、ボタンプッシュを

促す必要はないだろう。

現状、通常変動時に押せと言われて

押している者は5割にも満たないはずだ。


別にボタンを無くせと言っているわけではない。

ここぞという時に「押せ」なり「押してください」なり

表示すればいいだけで、意味の無い時に

押させるなということだ。

どうもパチンコはパチスロに比べて

プッシュボタンの安売りが過ぎる。

プッシュボタンに限らず、パチンコ・パチスロには

意味の無い演出が多すぎる。

パチスロも液晶が搭載された初期の頃は

頻繁に演出が発生することは無かったし

無駄な会話演出なんてものは無かった。

意味の無い演出はユーザーにとって邪魔で

そのせいで「当たらなそう」というイメージが

定着してしまった。

私がデジパチを嫌いになったのは

これが大きな原因でもある。


■結論
液晶は百歩譲って受け入れよう。

ただし、意味の無い演出はもちろんのこと

意味の無いプッシュボタンは必要ない。

今すぐにでも排除していただきたい。

ユーザーが飽きると思ってそうしているのだと

したら、とんだお門違いである。

所詮はプッシュボタンもただの演出であり

押しても押さなくても結果は同じ。

これは大抵のユーザーは理解しているし

そこを踏まえているのであれば、もう少し

マシになるはずだ。


パチンコ・パチスロに共通して言えること。

それは無演出こそ最高の演出でもある

ということをメーカーの方にはご理解いただきたい。

16308263310.jpeg


人間の心理としてプッシュボタンは

そこにあると押したくなるものだ。

子供の頃、火災報知器のボタンを押して

親父にぶん殴られたこともある。

女教師の胸をつついて母親に泣かれたこともある。

ただし、無意味なことは必要ない。

ボタンは信号機だけで十分だ馬鹿野郎。




シェアして皆に教えよう!


関連記事

コメント

No title

最近のパチはオートボタン採用が増えて一時期よりマシではありますね。

スロのボタンはエウレカより前に5号機初代キン肉マンの肉ボタンも演出で使う機会があったような…連続演出の最後で押すみたいなパチンコ的用法ではなかった気もしますが。
それ以前は戦国無双のモード選択とか、キンキンパルとか鬼浜のようなデータ確認用しか無いのではないでしょうか。

あおさん@管理人

> 最近のパチはオートボタン採用が増えて一時期よりマシではありますね。
>
> スロのボタンはエウレカより前に5号機初代キン肉マンの肉ボタンも演出で使う機会があったような…連続演出の最後で押すみたいなパチンコ的用法ではなかった気もしますが。
> それ以前は戦国無双のモード選択とか、キンキンパルとか鬼浜のようなデータ確認用しか無いのではないでしょうか。

たしかにオートボタンはありますが、やはり無駄演出やパチンコのチャンスは無くした方がいいですよね。

肉ボタンも一応継続示唆確認などありましたね。

No title

プッシュボタンがある事で筐体の故障が大幅に減る側面がありますよ!

あおさん@管理人

> プッシュボタンがある事で筐体の故障が大幅に減る側面がありますよ!

なるほど。

それは客がどついた時にボタンが衝撃を吸収してくれるという意味からですかね?w

何にせよボタンに限らず意味のない演出と長すぎるリーチはいい加減無くしてほしいもんですなあ。

No title

たまたまブログ拝見しましたm(__)m

確か演出でプッシュボタン押すのはリオパラじゃないかと思います
プッシュボタンを操作しないと期待値が下がる機種もありましたね

あおさん@管理人

> たまたまブログ拝見しましたm(__)m
>
> 確か演出でプッシュボタン押すのはリオパラじゃないかと思います
> プッシュボタンを操作しないと期待値が下がる機種もありましたね

リオパラでしたか、なるほど。

シンデレラブレイドのおしりぺんぺんはカットしたら確か期待値下がるという記憶が・・・w

No title

お見事!
そう、シンデレラブレイドですね
約5%下がるはずです

あおさん@管理人

> お見事!
> そう、シンデレラブレイドですね
> 約5%下がるはずです

その台の見せ所なのにカットする馬鹿野郎に罰を与えるみたいな作りなのはいいですよねw

あとモンハン月下で7揃えないのもw

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

パチプロあおさん

Author:パチプロあおさん
生涯収支が1億円を突破した30代の
現役パチプロでプロ歴1998年~。
北海道出身。
パチンコ歴1994年~・パチスロ歴1995年~。
(1993年に初めてゲーセンでパチンコを打つ)
日々の稼働や収支、最新台の解析情報や
これまでの軌跡について記事にしています。
稼働日数7000日突破。


~経歴~
1995年頃、兄貴に連れられ初めてパチ屋に入る。
1998年、パチプロになる。
2015年、生涯収支が1億円を超える。
2015年9月、当ブログ開設。

あおさんの自己紹介記事


■あおさんのその他運営サイト
あおさんのパチスロ徹底解析・考察
パチプロあおさんのキャバ嬢攻略まとめブログ

当ブログ人気記事ランキング

カテゴリ

※全記事一覧

ブログ内検索フォーム

お問い合わせ

当ブログへのご意見、ご要望、相互RSS
リンクのお申込み、自社の商品・サービスの
紹介など、どんなことでも承っていますので
メールお待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

スロットブログ ブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 ブログランキング

パチ・スロのオススメ記事

訪問者数

プライバシーポリシー

個人情報保護方針 制定日:2016年08月16日 最終改訂日:2016年08月16日 当ブログに掲載されている広告について 当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、アクセストレード,a8net)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、Googleポリシーと規約をご覧ください。 当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて 当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはGoogle アナリティクス利用規約をご覧ください。 当ブログへのコメントについて 当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。