全記事

最新パチスロ情報・解析サイト パチプロのキャバ嬢攻略サイト

最高峰難易度ビタ押しマシン!山佐初の大量獲得機『4号機花月』隣の常連客とビタ押し喧嘩勃発


■超難関技術介入機登場
1999年1月。

ビーマックスなどの大量獲得機が

登場し始めた翌年のこの時期に

山佐から初の大量獲得機が登場する。

その名も『花月』

16770659770.jpeg
©山佐

16770659530.jpeg

※ボーナス確率
設定ビッグレギュラー
設定11/3271/655
設定21/3031/606
設定31/2821/564
設定41/2641/528
設定51/2481/496
設定61/2401/364


※機械割(3枚掛けハズシ使用)
設定機械割
設定197,63%
設定2101,80%
設定3105,96%
設定4110,13%
設定5114,30%
設定6118,87%


【基本仕様】
本機はA500タイプの大量獲得機。

イージーマックスと呼ばれる簡単目押しで

誰にでも簡単に大量獲得が可能が売りの

マシン。


本機は当初リプレイハズシが不可能と

言われており、導入直後はプロには

敬遠されていた。


ただ、その後3枚掛けのハズシ手順が発覚。

変則押しすると15枚役を3/8で取りこぼすが

それでも完璧に打てば順押し15枚狙いよりも

獲得枚数がアップしたのだ。
※その後さらに2枚掛け手順が発覚したが
これは試したことがないが、3枚掛け手順よりも
さらに獲得枚数が多い。


そのおかげでフル攻略で打てば設定1でも

機械割が100%を超える。

こうして花月は当時の目押しに自信がある

プロ達の懐を温めたのである。
4~5号機パチスロのビタ押しが難しい機種ランキングベスト5!

16780700270.jpeg


なのでビタ押しが苦手な私にとっては

その後登場したハズシ効果が無い

後継機である『夢花月』の方が

よく打っていた記憶がある。



■2人の常連客との戦い
花月の導入からしばらく経った

1999年秋頃。

私は相変わらずビーマックスや花火

クランキーコンテストなどのユニバマシンを

よく打っていたが、攻略誌に花月のハズシ手順

(3枚掛け手順)が掲載されたことがきっかけで

花月導入店に朝一から赴くことにした。

16780670070.jpeg


そこは私の家から車で20分程度の所にあった

E店(今は別のパチンコ屋)。

広い道路沿いに面した昔ながらの店で

大きめの外観である。


・・・店に入るとビーマックスの裏の島に

設置されていたが、私の他に誰も居ない。

悠々と設定を上げてきそうな台に着席し

設定変更を確認。
※今の山佐台はガックンしない機種が
多いが(一部ガックンする)、当時は
設定変更するとユニバ系同様に激しく
ガックンする。



というわけでこの台でしばらく様子を

見ることにした。

花月を打つのはこれが初めてではないが

ハズシをしたことがなかったため、緊張する。

幸い周りに客が一人も居ないので、集中できる。


ただハズシ手順が発覚したとは言え

やはり手順が非常に難しい花月。

何せビタハズシだけならまだしも

単独の15枚役を獲得するためにも

ビタ押しが必須。

ビタ押しが苦手な私にとっては

かなりの強敵である。

ネットで調べればいくらでも出てくるので

細かいハズシ手順は省略させていただくが

それさえできれば低設定でも非常に甘い台であり

設定6ならば当然機械割は120%を超える。

16780670740.jpeg


そんなこんなで打っていたのだが、やはり

ハズシが難しい。

変則押しすると3/8で15枚を取りこぼすため

ハズシは必ず3回目から行わなければならないことと

15枚が単独テンパイした時は右リールで

ビタ押しが必要なため、ダブルテンパイさせるために

左リールもビタ押しが必要と、とにかく

色んな箇所のビタ押し機会が多いのだ。
※2枚掛け手順の場合は第一リールの中押しでも
ビタ押しが必須。ミスるとその時点でこぼし確定となるが
成功すれば15枚の制御上の取りこぼしが減り
さらに獲得枚数がアップした。
これは3枚掛け手順にも流用可能だったが
難しいため、私は簡単な方を使用していた。



当時はユニバーのビタ押しマシンを

打つことが多かったので、リプレイをハズすこと自体は

それなりにできた。

ただ15枚をちょくちょく取りこぼすため

フル攻略には程遠い。

それでもしないよりは増えていたため

目を酷使しながら打っていた。


・・・そこへ近くに着席した金髪のキノコ頭の男

(と貧弱な彼女)。

如何にも「俺はビタ押しできるんだぜ的」な

当時よく居た似非目押し自慢である。

実はこのキノコは他店のクランキーコンテストの

常連で、そこでも妙に私に敵対心を持っていた男。

16780695340.jpeg
©ユニバーサル


ハズシが決まる度にチラっとコチラを見て

目押し上手いアピールをしてくるし、私のハズシの時も

チラ見してくる嫌な野郎で

正直気に入らなかった。

とは言え、キノコの目押しレベルは私と同レベル。

ビタ押しは9割あるかないかといったくらいで

当時としては上手い方とは言い難かった。
※貧弱な彼女もキノコに洗脳されていたため
私に敵対心を持っており、私がボーナス成立すると
キノコに耳打ちしたり、何かあるとすぐ
耳打ちする行為が気に入らなかった。
体が痩せこけていて貧弱だったため
付けたあだ名は貧弱女。別名耳打ち。



・・・というわけで沈黙のビタ押し対決スタートである。

だが、下手同士の対決。

お互いがミスしまくりで、正直キノコが来る前の方が

成功していたのに、プレッシャーからなのか

ガンガン15枚を取りこぼす。

自分の下手さ加減に腹が立ったのか

次第にキノコは強打する始末。

私も負けじとキノコ以上に台パン。
※普段は強打や台パンはしないが、近くに
そういう馬鹿野郎が居たらわからせるために
やることがある。


そして相変わらず貧弱はキノコに耳打ち。


・・・そんな感じでどちらも譲らない低レベルな戦いを

数時間繰り広げていたが、最後はキノコが小役ゲームを

残り20G以上残したところで痛恨のハズシミスで

ジャックイン。

キノコはジャックゲームを顔を真っ赤にしながら

消化し、ついに席を立った。

貧弱もキノコに耳打ちしながら膨れ面で

撤退。


(ざまぁみやがれ)


そう疲れた表情で思った私は

設定1の花月でハズシミスしまくりで

気が付けばクソ負け。

勝負には勝って試合には負けだ馬鹿野郎。




シェアして皆に教えよう!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

パチプロあおさん

Author:パチプロあおさん
生涯収支が1億円を突破した
現役パチプロでプロ歴1998年~。
北海道出身。
パチンコ歴1994年~・パチスロ歴1995年~。
(1993年に初めてゲーセンでパチンコを打つ)
日々の稼働や収支、最新台の解析情報や
これまでの軌跡について記事にしています。
稼働日数7000日突破。


~経歴~
1994年頃、兄貴に連れられ初めてパチ屋に入る。
(子供の頃にもパチンコを打ったことはあるが)。
1998年、パチプロになる。
2015年、生涯収支が1億円を超える。
2015年9月、当ブログ開設。

あおさんの自己紹介記事

◎取材歴
週間SPA!(2023年10/10・17合併号掲載)


■あおさんのその他運営サイト
あおさんのパチスロ徹底解析・考察
パチプロあおさんのキャバ嬢攻略まとめブログ

当ブログ人気記事ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索フォーム

お問い合わせ

当ブログへのご意見、ご要望、相互RSS
リンクのお申込み、自社の商品・サービスの
紹介など、どんなことでも承っていますので
メールお待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

スロットブログ ブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 ブログランキング

パチ・スロのオススメ記事

訪問者数

プライバシーポリシー