全記事

最新パチスロ情報・解析サイト パチプロのキャバ嬢攻略サイト

パチンコ業界初のスキップ機能搭載機!変動&演出を飛ばせる期待値激高パチンコ


■業界初のスキップ機能搭載機登場
2003年6月。

CRデジパチがホールの主役となっていた

この時代。

登場する台はどれもミドルスペックタイプが

(確変50%&出玉約2000発)

ほとんどとマンネリ気味だったこともあり

パチスロ人気が圧倒していた。

そんな中で業界初の変動をカットできる

スキップ機能を搭載したパチンコが登場する。

それが『ブラボーファイブFJ』である。

16933875560.jpeg
©平和

※大当たり確率
1/265,7(確変中1/53,1)

※確変突入率&継続率
50%

※大当たり出玉(15R9カウント)
約2000個

※時短
全ての大当たり終了後70回のブラボータイム突入(内部的に通常か確変かは不明)

※賞球
4&7&15

【基本仕様】
本機は2003年に登場した確変タイプのCRデジパチ。

当時としては一般的なデジパチではあるが

本機は業界初のスキップ機能を搭載した

ということで話題となった。

その後も本機能を搭載した後続機が

いくつか登場したが、当時大人気だった

新海物語や仕事人の影響や、そもそもスキップによる

回転率の問題によって、早い段階で禁止され

撤去されてしまった。
歴代一番売れたパチンコとその販売台数は?裏モノ『新海物語』で30万発超えを記録したパチンコ屋。



■期待値爆上がりのスキップ機能
2003年当時の私と言えば、相も変わらず

打ち子を数人雇い、パチスロの爆裂AT機で

設定6狙いをメインに立ち回っていたが

パチンコも打つこともあった。

この頃はまだ2~3円の低換金率の店も多く

回転率の良いパチンコも多かったので

パチスロで設定狙いにスカった時や

グランドオープン店などでは人を雇って

見た目で分かる堅いパチンコを打っていたわけだ。


・・・そんな中、前述のスキップ機能搭載機が

登場した。

ブラボーファイブは一度も打っていないが

変動をスキップできる(演出を飛ばせる)ということは

パチスロで言えばウエイトが無いようなもの。

時間にして1回転辺り1,5秒程度しかかからない。

当然回転率の良い台であれば期待値は

大きく跳ね上がるのだ。

16933875690.jpeg
©NTV
©平和


そこで目を付けたのが、某H店に新台で導入された

CR笑点である。

こちらも盤面左下にある部分をタッチすれば

当該変動をスキップできた。

H店は郊外にあった中型店舗で、換金率は

3円交換(貯玉再プレー無し)だったのだが

月一のイベントでは1000円辺り約30回近く

回るため、普通に打っても日当にすると

平均一万発程度はあった計算である。
※詳しいボーダーは不明。

16934438450.jpeg


それにスキップ機能を使えば、回転スピードは

跳ね上がる。
※期待値2万発以上?

そういうわけで、某日。

H店の月一イベントにて、朝一から

初打ちに行くことにした。


・・・で、この笑点の演出だが、全く覚えていない。

というよりも知らない。

何故なら毎変動スキップしていたため

演出もへったくれもないのだ。

打ちながら常にスキップを連打するため

止め打ちもほぼ不必要で、当たる時は

いきなり「ビシっ!!!」っと図柄が揃うわけだ。

あの驚きは一度体験してほしいものである。

なので回転効率が良いため、期待値を積む

という点では良い台だが、ハマる時は

早いし、回らない台を打っていると

しばらく変動が無いため暇な時間が続くので

苦痛なのである。


で、その日H店で笑点を打っていた私だが

まあとにかくハマる。

しかも常にスキップしているため

熱い演出も関係ない。

もちろん熱そうな変動中は敢えて演出を

見て、ここぞというタイミングでスキップを押す

なんて楽しみ方もあったのだが、私は

常にスキップ連打。

そしてハマる。

こうして期待値を稼ぎながらどんどん

金が減っていくのを数時間続け

初打ちの結果はクソ負け。


・・・その後もH店ではイベント時に

打つことはあったが、正直期待値的には

稼げたものの、ゲーム性は地獄である。

液晶に数字が揃うかハズレかを10時間以上

見続けなければならないし、しかも

常に左手はスキップ連打しているので

かなり疲れる。

こうして笑点は何度か打っていたのだが

ハッキリ言って打ちたくなかった。

店側もスキップ機能のせいで、回さないと

客が付かないし、釘を開けるとプロに

抜かれてしまうため、扱いにくかっただろう。


・・・その後ブラボーファイブや笑点などの

スキップ機能搭載機は他メーカーからも

登場するも、1年足らずで禁止され

ホールから消えていった。

今考えれば、『最近のパチンコはリーチが長い』

という欠点を払拭してくれたユーザーに親切で

斬新な台だったのだが、それは逆に回転効率を

上げてしまい、結果的にプロ達の懐を温めるだけに

過ぎなかったのである。

私がパチンコから遠ざかった理由は

当時人気だった天才バカボンなど、リーチが長い

デジパチのせいだ。

16934458540.jpeg
©藤商事


ただ、2022年に登場した「CRどないやねん」

といったスキップ機能を搭載したパチンコは

現在でも存在する。

とは言え変動時にウエイトがかかったりするため

やはり当時の完全再現は難しいのだろうが

制限付きでも良いので、スキップ機能は

是非とも復活してほしいものである。




シェアして皆に教えよう!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

パチプロあおさん

Author:パチプロあおさん
生涯収支が1億円を突破した
現役パチプロでプロ歴1998年~。
北海道出身。
パチンコ歴1994年~・パチスロ歴1995年~。
(1993年に初めてゲーセンでパチンコを打つ)
日々の稼働や収支、最新台の解析情報や
これまでの軌跡について記事にしています。
稼働日数7000日突破。


~経歴~
1994年頃、兄貴に連れられ初めてパチ屋に入る。
(子供の頃にもパチンコを打ったことはあるが)。
1998年、パチプロになる。
2015年、生涯収支が1億円を超える。
2015年9月、当ブログ開設。

あおさんの自己紹介記事

◎取材歴
週間SPA!(2023年10/10・17合併号掲載)


■あおさんのその他運営サイト
あおさんのパチスロ徹底解析・考察
パチプロあおさんのキャバ嬢攻略まとめブログ

当ブログ人気記事ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索フォーム

お問い合わせ

当ブログへのご意見、ご要望、相互RSS
リンクのお申込み、自社の商品・サービスの
紹介など、どんなことでも承っていますので
メールお待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

スロットブログ ブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 ブログランキング

パチ・スロのオススメ記事

訪問者数

プライバシーポリシー