全記事

最新パチスロ情報・解析サイト パチプロのキャバ嬢攻略サイト

1990年パチスロ!過去最高の一撃集中役「セブンラッシュ」を搭載した『コンチネンタルⅢ』登場。


■1990年
この年の10月、メーシーから

3号機として爆裂機が登場する。

それが『コンチネンタルⅢ』

このコンチⅢに関しては以前、記事で

書いた記憶があるが、今回は他機種と

絡めてもう一度紹介しよう。

15092617330.jpeg
🄫メーシー

※ボーナス確率
設定1:B1/409,8R1/409,8
設定2:B1/409,8R1/409,8
設定3:B1/409,8R1/409,8
設定4:B1/409,8R1/409,8
設定5:B1/409,8R1/409,8
設定6:B1/409,8R1/409,8

※セブンラッシュ
設定1:1/3703,7
設定2:1/2040,8
設定3:1/1388,9
設定4:1/1020,4
設定5:1/800,8
設定6:1/675,7
(パンク確率は全設定共通1/300)

※機械割
設定1:91,9%
設定2:97,8%
設定3:104,2%
設定4:109,4%
設定5:112,4%
設定6:119,0%

この機種はA+Cタイプで

ボーナスとシングルボーナスの集中を

搭載したマシン。

ボーナス確率は全設定共通だが

集中役「セブンラッシュ」には大きな

設定差が付いている。

この爆裂性のあるセブンラッシュは

ビッグを引くか1/300のパンクを引くと

終了する。


尚、同時期にコンチネンタルⅠが

登場しているが、こちらは純粋なAタイプ

となっている。
パチスロ破壊的攻略法・・・名機「コンチネンタル」の4枚掛けセットを200万で買った男。



過去に最も爆裂性のある集中役と言えば

初代アラジンの「アラジンチャンス」だが

このセブンラッシュもかなりのもの。

ツボにハマれば一撃5000枚クラスの

ロング継続も珍しくなかった。

しかもこの時期と言えば、裏モノが

流行っており、ビッグを引いてもパンクしない

バージョンも登場していたようだ。
1990年パチスロ!『コンチネンタルⅢ』刑務所上がりの男がパチスロで一財産を築いた話。


ただ、このコンチネンタルは知っている人には

有名な話だが、『CS-90』と呼ばれる

不正に作られたコインセレクターが存在した。

そのため発売当初からどこのホールでも

ビッグの連チャンが多発していたのだが

この盲点を突いた攻略法が

有名な『4枚掛けセット打法』である。


【4枚掛け攻略法手順】
①コインを3枚投入してレバーを叩く。

②すぐにもう1枚投入。
※タイミングは個体差がある。

③ボーナスが成立するまで行う。


コンチネンタルには普通のパチスロでは

あり得ない4枚目のコイン投入信号を感知すると

強制的にボーナスが成立するという

プログラムが組み込まれており

ランダムにこの4枚目の投入信号を

感知する「CS-90」によって

見事連チャン性を生み出していたのだ。


が、この「CS-90」には設計上に問題があり

説明した手順でコインを投入することにより

本来通過するはずのない、4枚目のコインが

セレクターを通過するのである。

これによっていつでも強制的に

ボーナスフラグを成立させることができた

というわけである。


結局、瑞穂製作所はこの不正に関与していた

疑いで警察に摘発を受けてしまい

そこから3年間、新機種を検定に

通すことができなくなってしまったのである。
※そのため発売予定だったコンチネンタルⅣは
お蔵入りとなった。



ただコンチ自体のゲーム性は良く

基本のリーチ目は箱7とボーナス絵柄の

一直線で、ボーナスもセブンラッシュも

成立すると共通の出目が出現することが

多かったので、レギュラー→ビッグ→シングル

・・・と順に狙っていくのが、この機種の

醍醐味であった。


私がこの機種を初めて打ったのは

登場から10年近く経ってから某有名豆店に

旅打ちに行った時。

リーチ目が出た瞬間の無限の可能性というか

セブンラッシュかもしれないという

あの何とも言えないドキドキ感を味わえたことは

一つの思い出である。
1990年パチスロ!『コンチネンタルⅢ』刑務所上がりの男がパチスロで一財産を築いた話。


その後、コンチシリーズはしばらく

影を潜めるが、2001年に同じデザインの

パネルを構え、コンチを彷彿とさせた

『インターコンチ』が登場。

15092617440.jpeg
🄫アルゼ


こちらはボーナス+ART機であり

同時期に登場したサーフトリップと

ゲーム性は似ている。

パネルデザインだけがコンチと同じだけで

実際の中身は全く異なったものであった。


そのためか人気は察しの通り、全く

出なかったので、この機種を知っている人は

少ない。

15092617550.jpeg
🄫アルゼ


こちらもインターコンチと同時期に登場した

『セブンラッシュ』


その名の通り、コンチ3のセブンラッシュを

そのまま機種名にするくらいなので

Cタイプである。

ボーナスを排除し、出玉増加のメインは

ATによる集中とRTである。


尚、この機種は一部の店に導入されたのみに

留まり、実際打ったことはない。


こうして名機として受け継がれてきた

3号機コンチシリーズだが、残念ながら

4号機、5号機のコンチは全く人気が

出なかった。

時代も関係しているとは思うが、やはり自由に

パチスロを作れない今の規制上

コンチネンタルの復活はないのかもしれない。




シェアして皆に教えよう!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

パチプロあおさん

Author:パチプロあおさん
生涯収支が1億円を突破した
現役パチプロでプロ歴1998年~。
北海道出身。
パチンコ歴1994年~・パチスロ歴1995年~。
(1980年代頃、幼少期に親に連れられ初めてパチンコを打つ)
日々の稼働や収支、最新台の解析情報や
これまでの軌跡について記事にしています。
稼働日数7000日突破。


~経歴~
1994年頃、兄貴に連れられ初めてパチ屋に入る。
(子供の頃にもパチンコを打ったことはあるが)。
1998年、パチプロになる。
2002年、パチスロだけで老後の貯蓄をクリアー。
2015年、生涯収支が1億円を超える。
2015年9月、当ブログ開設。

あおさんの自己紹介記事

◎取材歴
週間SPA!(2023年10/10・17合併号に掲載されました)


■あおさんのその他運営サイト
あおさんのパチスロ徹底解析・考察
パチプロあおさんのキャバ嬢攻略まとめブログ

当ブログ人気記事ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索フォーム

お問い合わせ

当ブログへのご意見、ご要望、相互RSS
リンクのお申込み、自社の商品・サービスの
紹介など、どんなことでも承っていますので
メールお待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

スロットブログ ブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 ブログランキング

パチ・スロのオススメ記事

訪問者数

プライバシーポリシー