全記事

最新パチスロ情報・解析サイト パチプロのキャバ嬢攻略サイト

パチスロ過去最高歴代機械割ランキングベスト10(設定6)!


前回、パチスロ過去最低機械割ランキングを

紹介したが、今回は過去最高歴代機械割ランキングを

発表しよう。
歴代パチスロ過去最低の機械割ワーストランキング!4/10稼働。


■第一位『神輿』
15235810170.jpeg
©テクノコーシン

機械割:261,6%(設定6)


2002年1月に登場した超爆裂AT機。

当ブログでも何度か紹介しているが

この機種には『ミリオンチャンス』と

呼ばれるモーニングを店側が仕込むことができ

最大差枚数+50000枚までATが継続するという

とんでもない仕様だった。
※モーニングは差枚数25000枚もしくは
50000枚のセットが可能で、打ち出し開始から
300G~900Gの間に発動する。
他にも特定ゲーム数消化後に発動する
イブニングも仕込める。


設定6は261.6%という破格の機械割だが、実は

これはミリオンチャンス発動が条件のもの。

当時の攻略誌などが煽ってこの数値を掲載

それがネットに掲載されたため、後に

打ったこともないような無知な者達が

勘違いして騒いでいるだけで

実際の機械割は他のAT機と同じような数値と

なっている(非公表)

とはいえ、知人が設定6確定台で

4万枚(ミリオンチャンス無し)出しているのを

目撃しているし、白7(最大5セット)からの

AT「天神ボーナス」は1セット最大100連する上

(つまり白7から最大500連で約75000枚)

この白7確率に大きな設定差があり

設定6はそれが1/172と軽いため、モーニングが

無くとも激甘であることは間違いない。
※設定1・・・1/1365、設定2・・・1/1024
設定3・・・1/910、設定4・・・1/585
設定5・・・1/348

パチスロ名機物語7~一撃5万枚のチャンスを掴む男~


■第二位『コンチ4X』
15235810270.jpeg
©アルゼ

機械割:169,0%(設定6)


2001年8月に登場したご存じコンチシリーズ

最強のスペック。

3号機コンチ3のセブンラッシュを凌駕する

『スーパーラッシュ』はレギュラーの

引き次第ではどこまで続くかわからない

夢と希望が詰まったATだった。

神輿の機械割疑惑を抜きにすると

おそらくこの機種がノーマルでは

歴代最高のスペックを誇るだろう。


ただ個人的にこの機種はAT機の中でも

あまり打たなかった。

というのもこの頃のAT機は

獣王やアラジン金太郎などの方が

設定6を使っており、且つ

分かりやすかったので、コンチは

打つ暇がほとんどなかったというわけ。
※コンチの6もそこそこ分かりやすいが
機械割も高かったので店は滅多に
使わなかった。



一度、某有名店の『獣暴』というイベントで

コンチの設定6をあと一歩のところで

取り損ねており、その台は4万枚の爆裂という

苦い思い出がある。
2001年パチスロ!機械割160%超えの爆裂AT機『コンチ4X』の思い出。


■第三位『サラリーマン金太郎』
15235810350.jpeg
©本宮ひろ志/集英社/CIA
©ロデオ

機械割:160,93%(設定6)


2001年12月に登場。

続編も何作品か登場しているが

初代が最も爆裂する台だった。

この機種はかなり打ち込んだ台で

イベントでは積極的に狙った記憶がある。
2001年パチスロ!機械割150%超え!時速5000枚!『サラリーマン金太郎』の思い出。

当時はテコを使ってイベント回りをしており

設定〇or〇の札が刺さったイベントや

クレ落ち、オール設定イベントなどに

参加し、オイシイ思いをした機種である。

その逆も然り、設定6で8万負けたこともあった。

この頃はまだネットもそこまで流通しておらず

自分の足でパチ屋のイベントを探すことが

立ち回りにおいて、重要なことだった。



■第四位『ミリオンゴッド』
15885514910.jpeg
©ミズホ

機械割:159,0%(設定6)


2002年6月に登場。

ご存知ミリオンゴッドシリーズ第一弾。

一撃5000枚確定のプレミアムフラグである

ゴッド揃いはプレイヤーに夢と希望を与えたが

破産した者や自殺者まで出るほど。

設定6でも天国モードに移行しなければ

平気で10万以上負けるような超荒波マシンだ。
パチスロで100万勝ち?7万枚を取り逃した小僧・・・その超爆裂機種とは?~名機物語外伝26~
史上最強爆裂AT機『ミリオンゴッド』で常連客が首つり自殺したパチンコ屋での体験談。


■第五位『ギャンブルコンボ2』
15885514830.jpeg
©ユニバーサル

機械割:158,5%(設定6)


2001年7月に登場。

爆裂AT機ブーム真っ只中に登場したB+RT機だが

ボーナス内部合成確率は設定1でも脅威の1/73。

ただボーナスが成立しても、右リールの3択が

当てられなければフラグが消滅してしまう。

RT中(ギャンブルタイム)はそれを完全に

ナビしてくれるため、目押しミスさえしなければ

怒涛のボーナスループに期待できるわけだ。

RTはビッグ終了後に突入抽選を行い、次回ビッグ

まで継続。

もちろんRT突入率には設定差が存在したが

設定6であれば80%で突入するため

一撃性はかなり高かった。
ボーナスフラグ消滅!機械割160%のパチスロ史上最強RT機『ギャンブルコンボ』で2万枚の爆裂?


■第六位『ハクション大魔王』
15235837500.jpeg
©タツノコプロ
©バンプレスト
©サミー

機械割:155%(設定6)


2002年4月に登場。

ガマグチがATに繋がる肝となっていた。

この機種もサラ金同様、打ち込んだ機種。

ステージで設定変更を見抜くことができ

対策されるまでは変更判別を使って

立ち回っていた。

一度設定6をツモって2万枚出たことがあるが

ビッグ確率もガマグチ確率も別格なため

かなり安定して出た印象がある。


■第七位『サイバードラゴン』
15235837580.jpeg
©山佐

機械割:154%(設定6)


2001年7月に登場。

ミッションをクリアすることでATに突入する。

当時の山佐のAT機は嫌いで、私は

ほとんど打っていないが、自力感が強い

ミッション中など、一部のファンに人気を得た。
2001年パチスロ!255連で5万枚確定『サイバードラゴン』を営業中に設定変更したパチンコ屋の話。


■第八位『ゴルゴ13』
15885514990.jpeg
©平和

機械割:153%(設定6)


2001年10月に登場。

ATは1回の初当たりで最大130連する。

イベントでは結構打った機種だが

130連よりも選択率の低い52連を引いた

苦い思い出がある。


■第九位『ガメラ・オオガメラ』
15885515070.jpeg
©ロデオ

機械割:151%(設定6)


2000年11月に登場したシフト持越し機能を

搭載した大量獲得機。
※オオガメラは2001年5月。

元々のスペックが甘いだけでなく

逆ハサミ打ちや1枚掛け打法など

攻略要素の多い機種だった。


■第十位『ダブルチャレンジ』
15885517180.jpeg
©ロデオ

機械割:150%(設定6)


2001年7月に登場した純増3枚のAT機。

天使ATと悪魔ATが存在し、それぞれ

AT突入時は貰えるゲーム数を

最高30倍まで増やすことができる

「ドリームチャレンジ」機能を搭載していた。


某店では天使ATを30倍成功させる度に

コインが貰え、それを10枚集めると

ハワイ旅行プレゼントというイベントを

やっていた。

ちなみに私はこの機種を純増が少ないとの

理由で、ほぼ打っていないが

知り合いの話ではコインを9枚

集めた人が居たが、10枚集める前に

そのイベントが終わってしまったらしい。


この他にも設定6で負けた知り合いの話など

それなりに思い出深いマシンである。
パチスロ設定6最高(最低)負け記録!設定6でいくら負けた?『ダブルチャレンジ』で起こった大事件!


ここまでがベスト10.

ここからは10位以下の機種。


■第11位『猛獣王』
機械割:149~149,5%(設定6)
※同率『アラジンA』『極』


2002年夏頃に登場した獣王の正統後継機。

夜高確の存在から、設定6は獣王よりも

夢のある設定で、私もかなり勝った機種であり

設定56で2万枚以上出した経験も何度かあり

天井のハイエナでもオイシイ思いをした。
2002年パチスロ!獣王の後継機『猛獣王』で2万枚!設定6を打った時の思い出。


■第12位『獣王』
機械割:145,5%(設定6)
※表裏共に設定6のフル攻略は148,9%?


2001年1月に登場したAT機。

パチスロ界に爆裂AT機ブームを巻き起こした台。

この機種は導入当初、ユーザーがゲーム性を

イマイチ理解できず、人気は低迷していたが

攻略誌などで取り上げられて以降、人気は急上昇。

朝一のリセット判別やビッグ成立時の15枚獲得打法

AT高速消化によるATゲーム数上乗せ打法などの

攻略要素もあり、数年に渡るAT機時代を支えた

機種である。
2001年パチスロ!設定6の機械割150%!『獣王』の設定6を取るためにパチ屋の階段から飛び降りる。


■第13位『ハードボイルド2』
機械割:145%(設定6)


2001年5月頃登場したストックAR機。

ゲーム性は面白かったが、何せ

初当たり確率が重く、そこまで

人気が出なかった。

AR1000の破壊力は抜群だったが

ノーストックで終わったことも

何度か経験している。


ただAR機の中では屈指の機械割を誇り

ハイパーリミックスと同じく爆裂機の

部類に入るため、設定6なら1万枚は

余裕で射程圏内だった。
2001年パチスロ!パチスロ史上最強のAR機『ハードボイルド2』に攻略法発覚&AR1000を引く。


■第14位『ナイツ』
機械割:144%(設定6)

■第15位『花火百景
機械割:142%

■第16位『MSガンダム』
機械割:141%

■第17位『サンダーV2』
機械割:140%
※同率『大花火』『不二子2』

etc.
(これらは全てノーマル機限定で
私の知っている範囲でのものです)


この他にも有名所ではコピー打法で

ジャックポットATが狙えた『猫de小判』や

永久ATを搭載した『マネーゲーム』

超高速AT消化するとATが2G上乗せされる

『一撃帝王』や、初期ロットのみに

ビッグ強制入賞打法が通用したクラブロデオ

なども破壊力抜群の機種だった。

また、爆裂機以前の時代だと、Bタイプのエルビス

ディノベイダー、CT機のマンクラやアステカ

デルソルなども高い機械割を誇る。
※中には機械割トップテン入りの機種もあると
思われるが、非公表の機種もあるため
今回の発表順とします。



・・・さらに4号機末期に登場した

『おそ松くん』『キングオブマウス』なども

ハイスペックのストック機ではあったが

設定6でも130%前後で、やはり

爆裂AT機の機械割には遠く及ばず。


【まとめ】
やはり4号機AT(初期)が一番出玉率が高く

その次に大量獲得機、AR機と続く。

そのほとんどが2000年から2002年に

かけて登場しており、パチスロが

最も盛り上がっていた時代である。

この時代に戻れるのならば、もう少し

真面目にパチスロを打つ気になるが

実現することは100%ないだろう。

周りには当時AT機で私のように

設定6狙いメインで立ち回っていた者が居らず

共感できる人間が全く居ないのも残念である。


・・・この記事を書いていると、119%を

必死に追いかけるのが

如何に馬鹿馬鹿しいか改めて思ったのだが

そんな、今ハイスペックと言われる

機種もあと数年で撤去されるのだ。


6号機には何も期待できない。

であれば遠い未来、7号機で昔のような

盛り上がりを魅せてくれることを

願うしかないのである。




シェアして皆に教えよう!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

パチプロあおさん

Author:パチプロあおさん
生涯収支が1億円を突破した
現役パチプロでプロ歴1998年~。
北海道出身。
パチンコ歴1994年~・パチスロ歴1995年~。
(1993年に初めてゲーセンでパチンコを打つ)
日々の稼働や収支、最新台の解析情報や
これまでの軌跡について記事にしています。
稼働日数7000日突破。


~経歴~
1994年頃、兄貴に連れられ初めてパチ屋に入る。
(子供の頃にもパチンコを打ったことはあるが)。
1998年、パチプロになる。
2015年、生涯収支が1億円を超える。
2015年9月、当ブログ開設。

あおさんの自己紹介記事

◎取材歴
週間SPA!(2023年10/10・17合併号掲載)


■あおさんのその他運営サイト
あおさんのパチスロ徹底解析・考察
パチプロあおさんのキャバ嬢攻略まとめブログ

当ブログ人気記事ランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索フォーム

お問い合わせ

当ブログへのご意見、ご要望、相互RSS
リンクのお申込み、自社の商品・サービスの
紹介など、どんなことでも承っていますので
メールお待ちしてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

スロットブログ ブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 ブログランキング

パチ・スロのオススメ記事

訪問者数

プライバシーポリシー